がん予防に関する情報

がんリスクをほぼ半減させる「5つの健康習慣」

実は、あなた自身の努力でがんになる確率を低くする方法があります!

  1. 禁煙する
    函館市の禁煙相談をご活用ください
  2. 節酒する
    毎日飲む人は、ビール大瓶1本、日本酒1合、ワインボトル1/3程度に。
  3. 食生活を見直す
    塩分を抑えて減塩すること、野菜と果物を積極的にとること、熱いものは冷ましてから食べることが大切です。
  4. 身体を動かす
    歩行または同等以上の身体活動を毎日60分行うこと、息がはずみ汗をかく程度の運動を毎週60分行うことが推奨されています。
  5. 適正体重を維持する
    体重を管理して、太りすぎ痩せすぎに注意しましょう。

がんの主要原因「感染」と、その対応

日本人のがんの原因として、女性で一番、男性でも二番目に多いのが「感染」です。一度は肝炎ウイルス感染検査を受診しましょう。また、機会があればピロリ菌・HPV検査を受けてみましょう。
なお、もし感染していても、必ずがんになるわけではありません。感染の状況に応じた対応をとることが、がんを防ぐことにつながります。

ウイルス・細菌がんの種類
B型・C型肝炎ウイルス肝がん
ヘリコバクター・ピロリ菌胃がん
ヒトパピローマウイルス(HPV)子宮頸がん
ヒトT細胞白血球ウイルスI型(HTLV-1)成人T細胞白血球・リンパ腫

関連リンク「科学的根拠に基づくがん予防」

日本人を対象とした研究結果から定められた「科学的根拠に基づいた『日本人のためのがん予防法』」についてのWebページです。

がん検診のススメ

日本人の2人に1人は、何らかのがんになります。どんなに理想的な生活を送っても、残念ながら、全てのがんを未然に防ぐことはできません。重要なのは早期発見です。早期であれば治る確率は飛躍的に上がり、完治も可能です。自分のためにも、家族のためにも、定期的にがん検診を受けましょう。