特定健康診査(メタボ健診)

特定健康診査(いわゆるメタボ健診)は、40歳以上の方を対象とし、内臓脂肪の蓄積による高血圧症、糖尿病などの生活習慣病をみつけ、その発症や重症化予防を目的とする健康診断です。40歳になったら、年に一度、必ず受診しましょう。

けんしんのご案内 令和4年度(2022年版) (PDF:1357KB)

お勤めの方やその被扶養者  

勤務先の健診をお受けください。

事業主の皆様へ

40歳以上の従業員の方の事業者健診(定期健康診断)結果を、医療保険者※へご提供ください。

※医療保険者とは、全国健康保険協会(協会けんぽ)など、医療保険事業を運営するために保険料(税)を徴収したり、保険給付を行う実施団体のことです。

健診結果提供のメリット

生活習慣病発症リスクが高い方が、無料で健康サポート(特定保健指導)を利用できます

健康経営・職場の健康づくりにつながります

なお、個人情報である定期健康診断結果を提供することは、「高齢者の医療の確保に関する法律」により義務づけられており、個人情報保護法上も問題ありません。

関連情報