健幸ニュース

NEWS

【10/30】食育講演会

【10/30】食育講演会

チラシのPDFはこちら

新しい生活様式へシフトした今、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、“楽しみながら、カラダづくりをめざすイベント”を、その道の講師の方を迎えて開催いたします。各イベントへ参加の方には、ステキなプレゼントをご用意しています。

日時

2021年10月30日(土)10:00〜11:30(開場9:30)※定員150名様・要予約

会場

函館市民会館小ホール(函館市湯川町1丁目32番1号)

対象

函館市内にお住まいの方

講演内容

●テーマ「食を通して生きるチカラを」

●講師「竹下和男先生」
(1949年香川県生まれ、香川大学教育学部出身、子どもが作る“弁当の日”提唱者)

講師プロフィール

これまでの講演は、47都道府県にて通算で2400回突破。
“弁当の日”実践校は2020年度末、47都道府県約2300校。
滝宮小学校の“弁当の日”は21年目、綾上中学校は14年目と継続中。

●職歴
香川県内の小学校 9年
香川県内の中学校 10年
香川県教育委員会 9年
平成12年度~綾川町立滝宮小学校 校長
平成15年度~高松市立国分寺中学校 校長
平成20年度~綾川町立綾上中学校 校長
平成22年度~フリーで執筆・講演活動

●著書
『日本アンソロジー・安藤昌益』(光芒社・共著)2002年 
『“弁当の日”がやってきた』(自然食通信社・共著)2003年 
『台所に立つ子どもたち』(自然食通信社・共著)2006年 
『始めませんか 子どもがつくる“弁当の日”』(自然食通信社・共著)2009年 
『ひとりでお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2009年
『泣きみそ校長と弁当の日』(西日本新聞社・共著)2010年
『エダモンおすすめ ひとりでお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2011年
『できる!を伸ばす弁当の日』(共同通信社・編著)2011年
『ごちそうさま もらったのは命のバトン』(自然食通信社・共著)2012年
『一年生からお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2012年
『弁当づくりで身につく力』(講談社)2012年
『お弁当を作ったら』(共同通信社)2014年
『“弁当の日”はこうして始まった』(学校の食事研究会・共著)2015年
絵本『“弁当の日”がやってきた』(河出書房新社・原作)2015年
『食育最前線2 進化する“弁当の日”』(自費出版)2015年
『100年未来の家族へ』(自然食通信社)2019年

●報道等
『地域に根ざした食育コンクール2003』 農林水産大臣賞
『ごはんと笑顔フォトコンテスト』 読売新聞社賞
『第8回キッズデザイン』2014年8月 消費者担当大臣賞
ミラノ万博2015  日本館で“弁当の日”展示
毎日新聞「余録」産経新聞「産経抄」四国新聞「一日一言」日経新聞「風紋」
NHKラジオ「ラジオビタミン」「いのちの対話」「つながるラジオ」
NHKテレビ「子ども週間ニュース」「土曜フォーラム」「四国羅針盤」「サキどり」
「となりの子育て」
フジテレビ「とくダネ!」「テレビ寺子屋」
日テレ「スッキリ」「NEWS every」

参加特典

・だし昆布(南茅部産『函館真昆布』)
・野菜の詰め合わせ(函館市青果物地方卸売市場活性化対策協議会)
・ユーティリティーバック(住友生命保険相互会社函館営業部)
・水切りネット(函館市環境部)
※写真はイメージです。

申込方法

10月1日(金)~27日(水)の期間中に、こちらの申込フォームまたは電話(0138-85-6561)にて先着順で申込を受付します。
(手話通訳、要約筆記を希望する方はこちらの申込フォームに入力または電話にてお申し付けください)

※その他の講座も開催を予定しています。随時お知らせいたします。
※新型コロナウイルス感染症の今後の状況によっては、中止となる可能性があります。

来場の際のお願い

・来場時には検温などの体調確認をさせていただきます。
・発熱、咳、くしゃみ等の風邪症状がある方は、来場をご遠慮願います。
・来場される際は必ずマスクを着用し、入り口での手指の消毒をお願いいたします。
・スタッフや講師はマスクを着用して対応させていただきます。