健康ニュース

NEWS

安全に運動するために ~ウォーキング×感染防止対策~

コロナ禍にあっても心とからだの健康を保つため、感染防止と両立しながら運動を続けましょう。

体調をチェックして運動を始めましょう

一つでも当てはまる場合は、運動は行わないでください。

□ 平熱を超える発熱

□ 咳、のどの痛みなどの風邪の症状

□ だるさ、息苦しさ

□ 嗅覚や味覚の異常

□ 体が重く感じる、疲れやすい等

ウォーキングでも3つの密を避けましょう

×密閉 ×密集 ×密接

□ 一人または少人数で行う

□ すいた時間、場所を選ぶ

□ 他の人との距離を確保

□ すれ違う時は距離をとる

熱中症の予防のため、屋外で他の人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。

熱中症の予防~マスクを着用したままでの運動の注意点~

  • 水分補給を忘れたり、体温が下がりにくいことがありますので注意してください。
  • いつも通りの運動をすると、運動強度が上がることがありますので、速度を落とすなど調整してください。
  • 息苦しさを感じた時はすぐにマスクを外す、休憩を取る等、無理をしないでください。

出典「安全に運動・スポーツをするポイントは?」ver.2 スポーツ庁

チラシデータはこちら(PDF形式235KB)

熱中症予防×コロナ感染防止チラシ(環境省・厚生労働省)

表面
裏面

チラシデータはこちら(PDF形式600KB)

【お役立ち情報リンク】

⇒ 「1日何歩?」病気予防の歩数の目安

⇒ ウォーキングのポイントと姿勢

⇒ 函館市内・公園別おすすめウォーキングコース